01広告メディアごとの効果測定が可能!

機能1
電話の着信を解析し、広告媒体別(電話番号別)に電話が何本あったかの効果測定を行う事ができます。 この事によりこれまで不透明だった広告効果を明確にすることができます。
機能2
着信のあった通話を録音することができます。 サービス品質の向上のための手段として使うこともでき、尚且つご注文のお問い合わせ等はどの広告媒体から何件成約があったかの分析を行う事ができます。
機能3
解析結果はリアルタイムでウェブ管理画面から参照する事ができます。
広告メディアごとの効果測定の図

02各オフィス(拠点)ごとに効果測定が可能!

拠点毎の解析結果を集中管理する事ができます。 会社全体の総合的な広告効果測定を行い、費用対効果の高い広告運用を行う事ができます。 また、通話録音をチェックする事で、電話対応の向上に役立てる事ができます。
各オフィス(拠点)ごとに効果測定の図
Point拠点ごとのデータを一括で管理する事ができます。

03応答品質を判定する事が可能!

電話の呼び鈴が鳴って電話にでるまで何秒かかったかを記録・表示します。 また、通話録音をチェックする事で、電話対応の向上に役立てる事ができます。

  • case1電話が鳴って10秒以内で出た
  • case2電話が鳴って30秒以上経って出た
  • case3電話が鳴って10秒以上経って出なかった
  • case4電話が鳴って30秒以上経って出なかった

CallCommerceは上記のような様々な状況を判断する事ができます。

また、不在着信・ビジーに至る状況がレポート表示されますので、2名のスタッフが電話対応している最中に電話が
鳴って出る事ができなかった等を判断する事ができます。

Point拠点ごとのデータを一括で管理する事ができます。

04応答品質を判定する事が可能!

機能1

機会損失を検知、分かりやすく表示!

  • 不在着信の一覧、件数を表示します。
  • 電話チャンネル数オーバー(話し中・ビジー状態)の一覧件数を表示します。
  • また機会損失に至っていなくても機会損失になりえる時間分布を表示します。
Point不在着信及びビジーの電話から再度着信があって電話が繋がった場合も 特定し、機会損失の回復判定をします。

機能2

機会損失になっても対応できます!

  • 機会損失状態になっている電話番号リストが表示されます。
  • こちらから電話発信し、繋がると機会損失リストから自動的に削除されます。
Point未対応が簡単に分かるので、対応漏れを防ぐ事ができるようになります。

05管理パネルで集中管理、多彩なレポート表示!

未対応着信表示

機会損失状態になっている電話番号リストが表示されます。 こちらから電話発信し、繋がると機会損失リストから自動的に削除されます。
レポート画面
レポート画面
レポート画面
レポート画面
PAGETOP