低コストで導入できる電話解析ツール

お申し込みやご相談はお気軽に!

076-291-5652

コラム

話し中

話し中を判断することによるメリット

話し中になることで本来着信できる電話を取り逃すこと、つまり機会損失が発生してしまいます。
しかし、話し中は電話をかけた人しか分からず、着信側では判断できません。

話し中になる理由

話し中になる理由として下記の二つが考えられます。

  1. 契約しているチャンネル数以上の着信が発生している場合。
  2. チャンネル数に余裕があっても、電話番号への割り当てが不十分で話し中になってしまう場合。

コールコースを導入することによって得られる効果

  • 全体で使用しているチャンネル数がわかります。
    →理由の1番を解決できます。
  • 話し中になっている電話番号毎がわかります。
    →理由の2番を解決できます。

コールコマースを使って話し中を解消するには

見極め

  • 全体で使用しているチャンネル数と契約しているチャンネル数を比べます。
  • 話し中が多く発生している電話番号を特定します。

操作方法

  1. コールコマースの管理画面にログインします。
  2. レポート表示をクリックします。
  3. 検索条件の右側にある+をクリックします。
  4. 状態の着信をチェックします。
  5. 検索ボタンをクリックします。
  6. 表示されたレポートを確認します。
    • 使用回線数円グラフにて全体で使用しているチャンネル数がわかります。
      → 全体で使用しているチャンネル数が多い場合は、電話会社に連絡し、チャンネル数を追加しましょう。
    • ビジー数の日別集計棒グラフにて、電話番号毎の話し中の数がわかります。
      → 特定の電話番号で話し中が発生している場合は、電話会社に連絡し、該当電話番号への割り当てチャンネル数を増やしましょう。

 

定期的にレポート表示を確認し、機会損失が発生していないかを見極めましょう!

通話録音・電話解析でオペレーション業務を改善!

導入のご相談はお気軽に
ご連絡ください!

Webからのお申込み・ご相談は24時間受付中!

お電話でもお問い合わせいただけます。

076-291-5652